ダイエットに失敗はない ただ 成功するには根気が必要

最近のコメント

    ダイエットに最適なシーズン

    1年で最もダイエットに向いている季節が寒い冬。
    体温を上げようと勝手にエネルギーを燃やしてくれる。
    そんなダイエットに最適な冬ですが、なぜか多くの人があまり冬に頑張ろうとしない。
    肌の露出の少ない時期に頑張れば、暖かくなって薄着になる頃に少しは自信が持てる体に変えられるかもしれないのに。

    暖め過ぎないのがコツ

    寒いと人体は生命を維持するために勝手に体温を上げようと代謝が激しくなる。
    代謝で最も大きなウェイトを占めるのが、基礎代謝。
    総代謝の内、約60%を基礎代謝が占めているので、ここをいかに効率よく燃やしていくかがダイエットのポイントでもあります。

    せっかく体が体温を上げようと燃えてくれるのに、寒いからと部屋を暖め過ぎると燃えるはずだったものも燃えなくなって、代謝の観点からすると非常にもったいないこととなってしまいます。
    積極的な運動も食事制限も必要ない部分なので、ダイエットを行っている人は少し寒いくらいの環境で生活するのが成功への近道です。

    「何をやっても成功しない」はやりきっていないだけ

    「色々なダイエット方法を試したけど、何をやっても成功しない。」そんな声をよく耳にします。
    それって、「いただきます」した食事を、まだ「ごちそうさま」していない、というのと同じことですよね。

    どういうことかというと、食べている途中ダイエットの途中、正しく試しただけの状態ということです。

    やる』にはいくつか種類があります。
    ダイエットに必要なやるは、目標や理想まで『やりきる』、そして維持するために『やり続ける』。

    「何をやっても成功しない。」という人のやるは、『やってみた』のやるなので、これではあまり意味がありません。

    健康的であれば方法は何だっていい

    色々な方法を試すのはいいことだと思います。
    よく、これをやれば間違いない!といった感じのフレーズで人の弱みにつけ込み高額なダイエットプログラムを行うサービスも世の中に蔓延していますが、正直方法は大した問題じゃありません。
    健康を損なうようなものでなければ、アプローチ方法はなんだってかまわないし、いくつ変えたってかまいません。

    大切なことは、目標まで『やりきる』と、それを維持するために『やり続ける』、これのみです。

    必要なのは根気だけ

    高額なお金を払ってパーソナルのダイエットプログラムで一時的に痩せるもののリバウンドしたり、極端な食事制限で体調を崩したり、ダイエットは急ぐと必ず成功しません。
    喜んでいるのは、無理を強いて一時的に痩せさせ、それを成功だと言ってぼったくっている業者だけです。

    太るのは一瞬ではなく、太るような生活を毎日毎日こつこつと続けてきた結果です。
    なのに、痩せたいときだけ短期間で、なんて都合が良すぎると思いませんか?
    無理に急いでも待っているのは、リバウンドか体調を崩すことくらいです。

    急がば回れ、塵も積もれば山となる、太るような生活を毎日こつこつと続けてきたように、今日からは”痩せるような生活”をこつこつと”やり続ける”こと、それが唯一の成功への道です。

    やれることをやり続ける やれるペースでやり続ける

    やり続けるには誰にでも当てはまる重要なポイントがあります。

    それは、

    続けられることを続けられるペースでやり続ける

    その1点だけです。

    多くの人が「成功しない」「続かない」のは、続けられないことをやってしまうから。

    お金をかけたり無理をしたりして一時痩せたとしても、その状態を維持継続しなければ、それは成功ではありません。
    途中にちょっと痩せただけの話です。

    ランニングを始めた人がよく、「すぐ苦しくなって思った距離が走れない」と口にします。
    原因は簡単、すぐ苦しくなるように走っているから。
    苦しくない程度にゆっくりと走ればいいのに、走り慣れていない人ほど自分の体力に対して速く走ろうとしてしまうのです。

    いきなり特別時間を設けない

    毎朝1時間ウォーキングしよう。
    毎日夕食前に30分体を動かそう。

    こういった決心は素晴らしいのですが、いきなりハードルを上げ過ぎると結局やってみただけで終わってしまうことが多々あります。

    特別な時間を設けるということは、生活のリズムを変えるということです。
    どんなことでもリズムを変えるということは、なかなか大変な作業でストレスを感じることさえあります。

    では、どうすればいいのか?

    ながらと間

    おすすめは、生活に落とし込んだ、ながらとちょっとしたの運動。

    テレビを見ながらとか、歯を磨きながらとか、通勤しながらとか、ながら運動はイメージしやすいと思います。

    では、間はというと、電磁レンジで温める間、コマーシャルの間、など、ちょっとした時間を利用した間運動です。
    ながら運動より気軽にでき、このタイミングにはこれをしよう、みたいに決めておくと、意外といい運動になります。

    冒頭にも記しましたが、人間の代謝で約60%と最も大きなウェイトを占めているのが基礎代謝。
    筋肉を付けて基礎代謝を上げることが、地道なダイエット成功への近道になります。

    そこで、ちょっとしたの運動は、スクワットなど大きな筋肉を刺激する運動がおすすめです。
    1分程度の間運動でも、日に何度か行えば十分な効果を得ることができます。

    このように、特別な時間を設けずながら運動間運動を日々の生活の中に落とし込むことで、無理をすることなく、ストレスも感じることなく、やり続けることができるのではないでしょうか。

    特別な時間を設けて運動するのは、これらで体を動かすことが習慣化され楽しめるようになってからでも、全然遅くはありません。
    むしろ、ながらと間だけでも、やり続ければ必ず体は変化します。

    変化するまで、やりきるのです。

    そして、やり続けるのです。

    Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP